アート・カルチャー/渦と記憶/能勢伊勢雄・植田信隆
書 名 渦と記憶
著 者 能勢伊勢雄[遊図]、植田信隆[写真、CG]
発 行 能勢伊勢雄(PEPPERLAND)
定 価 1500円(本体 1429円+税)
判 型 B5変型(H257mm×W190mm)
ページ 41ページ
発行日 2008年3月
ISBN978-4-86219-096-3

内容

この作品集は、2008年3月24日〜4月5日まで東京にあるアートスペースキムラASK?及び、7月2日〜13日まで岡山にありますガレリア・プントで行われた展覧会『渦と記憶』を記念して出版されました。

能勢伊勢雄が、時間と空間を縦横無尽に横断しながら概念を結びつけて“遊図”と呼ばれる特殊なフローチャートを作り、このコンセプチュアルなアートにまで高められた図に、植田氏が写真とCGによってイメージを添えるという形式で、作品は展開されています。

「遊図」を簡単に説明いたしますと、「遊図」とは領域を横断し概念を結び付ける「知図」(地図)のことです。Object Magazine『遊』の編集者・松岡正剛氏との交流の中で、能勢が「遊図」という概念に出逢い、長い時間をかけて新たなコンセプチュアル・アートへと発展させて来たものです。この「遊図」と植田氏の写真とCGイメージが加乗された、展覧会図録がこの本になります。