写真評論/photographers'gallery press no.4/photographers'gallery
書 名 photographers'gallery press no.4
(フォトグラファーズ ギャラリー4号)
発 行 photographers'gallery
定 価 1680円(本体 1600円+税)
判 型 B5判(H257mm×W182mm)
ページ 192ページ
発行日 2005年4月11日
ISBN4-902137-88-7

内容

写真家達によって編集された新世紀の写真雑誌。
写真というメディアがますます個人的な玩具として普及してゆく時代にあって、これは、単なる写真雑誌ではない。写真家が、様々な活動や出会いを通して獲得したリアリティーを、深め、交感してゆくためのメディアなのである。

■特集:東松照明2005■
・巻頭写真 「カラフルな!あまりにもカラフルな!!」
・インタビュー:「太陽の鉛筆」のころ/前田恭二
・皮膚の問い 東松照明アメリカ巡回展を観て/港千尋
・「私」の地図 続編
 →写真があるから、写真に撮られるから、写真にされるから/三島靖

[他コンテンツ]
・Timeless Placeless 〜私たちは今どこにいるのか〜/林道郎×北島敬三
・サイト・グラフィックス展をめぐる/倉石信乃×深川雅文
・ナナムイ/比嘉豊光
・光るナナムイの神々/比嘉豊光×小沼純一
・小島一郎WORKS/小島一郎

など。