文芸(詩・芸術・映画評論・エッセイ)/opus vol.1/オプス企画室
書 名 opus vol.1(オプス 1号)
発 行 オプス企画室
定 価 1000円(本体 1050円+税)
判 型 B5判(H257mm×W182mm)
ページ 146ページ
発行日 2002年1月1日
ISBN4-901478-46-X

内容

サウンド・パフォーマー、映像作家の金大偉(きんたいい)が中心となり企画・編集し、アートを中心に様々な分野とのコミュニケーションを図る、独創的な藝術・学術の総合誌です。トピックス、コラム、エッセイが満載の読み応えのある一冊です。

特集:「癒し」を越えたアートの力/POWER OF ART

目次

01 芸術とは生きること 対談:岡本敏子×石井匠×ゲスト・KOW
02 岡本太郎の作品とエネルギー 倉林靖
03 歌に秘められた「生」と「自然」の姿 おおたか静流
04 芸術はでまかせ! 鎌田東二
05 「霊的な癒し」こそが「芸術」である 斉藤啓一
06 ヨゼフ・ボイスその芸術性と社会の接点 若江漢字
07 音楽の指標を求めて―アンビエントとミニマリズム 高橋克行
08 伝統芸術「能」の精神性と原点の力 大倉正之助