アート・カルチャー/なごやに暮らす 13号/les deux
書 名 なごやに暮らす 13号
発 行 les deux
定 価 892円(本体 850円+税)
判 型 H182mm×W182mm
ページ 46ページ
発行日 2006年9月
  ISBNなし

内容

※こちらの書籍の販売は個人のお客様と、直販店様のみの対応とさせていただきます。※

『なごやに暮らす』は、私達が毎日の暮らしの中で気になるモノ、ヒト、場所を紹介していく小冊子です。名古屋に暮らしていない人はこれを読んできっと行きたくなるはず!日々を気負わず、ゆっくりと過ごしたいあなたに・・・

13号特集は『街の洋菓子屋さん』。
幼い頃はケーキといえば近所の洋菓子屋さんで母親が買ってきてくれる特別なものでした。今ではきらびやかな宝石のようなケーキを気軽に食べられるようになったけれど、あの頃食べた洋菓子屋さんの素朴な味を忘れることはできません。かわいらしい包装紙やきれいなリボンもなぜか捨てられず、お菓子の缶にたくさん集めてしまいました。洋菓子屋さんとそこで出会った人やケーキ、楽しいモノたちを紹介します。
その他にも連載ページも充実。「映画の小物作り」「本と出会う喜び」「音楽案内」「買い付け日記」などなど。バックナンバーも入手可能です。近日掲載!!

■les deuxとは?■
仏語で「2つ」の意。イラストレーター・松尾ミユキと"le petit marche"の店主・滝村美保子とのユニット。「なごやに暮らす」の発行をはじめ、"旅"をコンセプトにもの作りをしている。2007年1月に、バルト3国の手作り雑貨をテーマにした本をPIE BOOKSから出版予定。