暮らし・手づくり/季節の手づくり 冬と春/山下りか
書 名 シュタイナー教育に出会ったおかあさんの日々のくらし
季節の手づくり 冬と春
自然からの贈りもの 40のレシピ
著 者 山下りか
定 価 1050円(本体 1000円+税)
判 型 A5版(H210mm×W148mm)
ページ 44ページ
発行日 2007年11月1日
  ISBN978-4-904082-01-0
※リコシェのISBNではありません※

※こちらの書籍の販売は個人のお客様と、書店は客注のみの対応とさせていただきます。

内容


シュタイナー教育に出会い、仲間とあれこれ話しているうちに日々の暮らしのなかで大切にしていることを紹介したい、とこの冊子はできました。冬から春にかけての“食べる”レシピから“つくる”レシピまで、自分の中の手づくりメニューにぜひこちらも添えてみてください。
同時刊行「夏と秋」も好評発売中!

[著者プロフィール] 山下りか(鈴木理佳)
雑誌「オリーブ」のスタイリストを経て渡米。子供をとおしてシュタイナー教育に出会う。帰国後、喜びあふれるこの教育を心から伝えたいと、ワークショップ、雑誌などで手仕事を提案・紹介している。
フルーマガジン「375」に手しごとページ“tools”を連載中。NPO法人日本アントロポゾフィー協会では、季節をテーマにワークショップを開催している。また、同協会発行『月刊アントロポゾフィー』に記事を
連載中。