青幻舎/ブリコラージュ・アート・ナウ/佐藤浩司+山下里加[編]
書  名 ブリコラージュ・アート・ナウ 日常の冒険者たち  
著  者 佐藤浩司+山下里加[編]
ジャンル アート
定  価 1680円(本体 1600円+税)
判  型 A4変型
ペ ー ジ 72ページ
ISBN4-86152-037-1

内容

民族学者のレヴィ=ストロースは、未開社会特有の思考法に「ブリコラージュ」(器用仕事)という言葉を与えました。目的や概念に即して手段を講じる近代科学的なアプローチに対して、未開社会では、あり合わせの道具と材料をもとに何かをなし遂げようとする。冷蔵庫の中をのぞいてつくるお惣菜のようなもの、と言えばわかりやすいでしょうか。
「ブリコラージュ・アート」という耳慣れない言葉で取り上げようとしているのは、私たちの身の回りにある何でもない素材を使って、埋もれていた価値を花開かせていく活動です。増岡巽の空き缶ハウスや、伊達伸明の建築物保存ウクレレ化計画、生意気による価値の組み換えがもたらす諧謔と笑い、、、。
展覧会場は美術家の小山田徹が空間をデザインし、そこに複数のアーティストがみんぱくの収蔵品や日用品を「ブリコラージュ」した作品を展示、また、知的障害のある人たちの表現も、身の回りの物の可能性を最大限に引き出した現代のブリコラージュとして提示します。
それら作品と展示の過程すべてを届ける一冊です。

(本の情報・画像は全て青幻舎ホームページより引用)