acetate アセテート 書籍一覧
編集出版組織体・アセテートは、世に未だ知られていない優れた成果をいちはやく編集し、限定的に公刊する組織です。アセテートの運営は、完全な独立組織によっています。小出版組織ならではの可能性を考え、日常や事物への配慮を怠らず、あらかじめ決定された予算がつきるまで、活動していきます。現在、アジアの近代建築遺産についての学術団体であるmAANの協力のもと、アジア地域の優れた建築論を紹介する年鑑(雑誌名=round)の編集出版計画が進行中です。

 acetate 015〜019
『グラウンド・ツアー』  藤森照信


超古代へ、生の根源へ向かった藤森照信の実証的背景をいま、あきらかに。
藤森照信20年間の旅の記録より。ノート・写真ほぼすべて藤森照信。
ロング・インタビュー、各界専門者による万全な校閲、レアな情報をふんだんにちりばめたガイド付き。
acetate 012
『シリーズ・都市の血肉 第2回配本
彰化 一九〇六年 〜市区改正が都市を動かす』   青井哲人


台湾・彰化、日本植民地時代の都市改造、その背後に生き続ける都市のかたち。
都市研究界きってのスマート解析者がチャリンコを走り回しつつ、縦横に描く都市の諸相。

acetate 011
『シリーズ・都市の血肉 第1回配本
ルッカ 一八三八年 〜古代ローマ円形闘技場遺構の再生』
黒田泰介


要塞化、不法占拠、類を見ない集住街区へいたる2000年 「都市まるごと」になったローマ円形闘技場の変転、その歴史研究の世界的第一人者による渾身の書き下ろし。
acetate 010
『round 01 Jewels - Selected Writings on Modern Architecture from Asia』
編集:Yasushi ZENNO/Jagan SHAH


アジア初・アジア発の全編英語の建築理論誌。アジア各国から集められた11編の建築論を収録。それぞれに第一線で活躍する研究者による解題付。

acetate 008
『川合健二マニュアル』
川合健二ほか


希代の科学者にしてコルゲート建築の生みの親、川合健二の遺した言説集。川合邸の建設現場など未発表写真多数収録。
acetate 006
『文象先生のころ毛綱モンちゃんのころ』
渡辺豊和


モダンからポスト・モダンへ、60年代から70年代へ、組織論から個の極限へ
山口文象/毛綱モン太、二人の巨人の同伴者が描くミッシング・リンク!

acetate 005
『ビリーのグッド・アドヴァイス』
ビリー・クルーヴァー


いきづまったらビリーを読め。
アメリカ現代芸術界のゴッドファーザーが贈る、とびっきりのアドヴァイス集。

acetate 004
『ピラネージ建築論 対話』
G.B.ピラネージ


幻視の建築家ピラネージによる建築論 "PARERE SU L'ARCHITETTURA" を収録。古典主義建築の脱構築。論理の運動が「単調なる純粋さ」を挫く。 訳者、校閲者による解題を付す。本邦初訳。

acetate 003 『ニコニコ通信』
長嶋康郎


古道具屋亭主、長嶋康郎による自伝的エッセイ『ニコニコ通信』。その20号(+これまでの復刻)をアセテートから出版します。氏の生き方とセンスがぎゅっとつまった、ちょっとりくつっぽい読み物。
acetate 002 『近世建築論集』
中谷礼仁・中谷ゼミナール


「近世」はなぜ「近代」と呼ばれないか?この単純な問いに隠された日本近世−近代建築世界の知られざる運動を解明。18、19世紀の大工棟梁達による建 築書を多数収録。

acetate(アセテート)ホームページはコチラ