acetate アセテート/『彰化・一九〇六年』/青井哲人
書  名 シリーズ・都市の血肉 第2回配本
『彰化・一九〇六年 〜市区改正が都市を動かす』
著  者 青井哲人
発  行 アセテート
定  価 1680円(本体1600円+税)
判  型 203mm×130mm
ISBN4-902539-12-8

内容

人間のために都市があるのではない。都市のために人がいるのだ。この発想の転回がもたらしたまったく新たな都市論シリーズ第2弾!気鋭のフィールドワーカーたちが都市生成の秘密をあばく。

台湾・彰化、日本植民地時代の都市改造、その背後に生き続ける都市のかたち。散在する路地、家屋の痕跡の復元によって立ち現れる生きた亡霊都市。都市研究界きってのスマート解析者がチャリンコを走り回しつつ、縦横に描く都市の諸相。

*本シリーズは2005年4月9日東京大学生産技術研究所にて行われたシンポジウム「都市つくるモノたち―都市の血、都市の肉」―IRUS PROJECT にて行われた画期的講演をもとに新たに書き下ろされた都市論シリーズです。