acetate アセテート/『ルッカ・一八三八年』/黒田泰介
書  名 シリーズ・都市の血肉 第1回配本
『ルッカ・一八三八年
 〜古代ローマ円形闘技場遺構の再生』
著  者 黒田泰介
発  行 アセテート
定  価 1890円(本体1800円+税)
判  型 203mm×130mm
ISBN4-902539-11-X

内容

人間のために都市があるのではない。都市のために人がいるのだ。この発想の転回がもたらしたまったく新たな都市論シリーズ第1弾!気鋭のフィールドワーカーたちが都市生成の秘密をあばく。
要塞化、不法占拠、類を見ない集住街区へいたる2000年「都市まるごと」になったローマ円形闘技場の変転 その歴史研究の世界的第一人者による渾身の書き下ろし。

*本シリーズは2005年4月9日東京大学生産技術研究所にて行われたシンポジウム「都市つくるモノたち―都市の血、都市の肉」―IRUS PROJECT にて行われた画期的講演をもとに新たに書き下ろされた都市論シリーズです。